2011年7月20日水曜日

ドクタースランプ アラレちゃん


大好きな鳥山明のアラレちゃんのアニメを一話から見てる。

まぁ見てると言っても子供のようにテレビの前で

目を離さず座ってずっと見てるのではなく

何かしながらって感じ。

それでも時々吹き出して笑ってしまう。

しかしそれももうすぐ終わる。

鳥山明は物語を作るのがあまり得意ではなく

アラレちゃんにせよドラゴンボールにせよ

困った時は担当編集者の言う通り描いてたって聞いた事がある。

DBのフュージョンも桂正和のアイデアとかなんとか。

それでもやっぱり漫画に引き込まれる度合いはダントツ。

短編向きなんかな。短編面白いもんな。

アラレちゃんは短編を延々描いてる感じだしなと思った。

しかしこのアニメの精神安定剤効果凄いわ。

その辺のヒーリングミュージックより安心感ある。

画像は超潔癖な警察官チャーミー山田を

アラレちゃんが一晩中追い掛け回して

最終的にうんちを頭に乗せられたシーン。

0 件のコメント:

コメントを投稿