2011年6月28日火曜日

ぼくのエリ 200歳の少女


ぼくのエリを観た。

美少年の吸血鬼物って聞いてたので

あまり興味なかったんだけど見たら凄い面白かった。

詩的な映像とか色々言われてるけどそんなオシャレな

言い回しはどうでも良くて要は

空気が澄んでいる雪国の美しく静かな風景の映像が

惨殺シーンをより引き立たせてたと感じた。

邦題は思いっきりおかしい。

どこがおかしいってそれは見てのお楽しみだね。

あとぼかしが入るシーンがあるんだけど

無修正シーンをYouTubeで確認したら

そこをぼかしてしまうと原作を読まず見てる人によっては

受け取り方や意味合いが変わってくるんじゃないかって

映画を台なしにしてる辺りは日本さすがの最低さだなと。

ヴァンパイア物だったらやっぱりレスタト卿の

インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイアが一番好き。

0 件のコメント:

コメントを投稿