2011年10月30日日曜日

T-shirts




アメリカからTシャツ3枚通販した。

以前アメリカから通販する時に店側?のせいか

なにかでアカウント凍結されてたPayPalを

凍結解除してもらって使ったけど便利ね。

3枚で送料入れても6000円ちょっと、安い。

でも包装はビニールにすら入れられてなくて

1枚ちょっと破けてたけどそこはアメリカ、まぁええわ。

2011年10月19日水曜日

Björk - Biophilia


ビョークの新譜勝った。

今回はアプリやら何やら色々連携させてて面白い。

でもそのアプリ、アタシのiPhone3Gだから対応してまへん。

カナシス。

2011年10月18日火曜日

サーマル



サーマルを2着購入。

J.E.MORGAN'SとRUSSELLの物。

ラッセルは試しに買ってみた。

2011年10月17日月曜日

キャップ


数年ぶりにCAPを購入。

SUPREMEね。

雉カッコイイ。

雉をBERETTAで狩れって意味かな?

2011年10月16日日曜日

骸骨剣士


友達から誕生日プレゼント貰った。

Ray Harryhausenのアルゴ探検隊の大冒険に

出て来る骸骨剣士。

最高やで。

2011年7月31日日曜日

寺田屋


坂本龍馬で有名な京都の寺田屋に初めて行ってきた。

別に龍馬が好きって事もないので特になんとも。

京都の暑い夏の日でした。

偶然写ってしまってる人すんませーん。

カメラ持ってけば良かったなぁ。

最初近所にたこ焼き食べに行く予定だけだったんどす。

2011年7月25日月曜日

Jhonny Mad Dog


Jhonny Mad Dogを見た。

舞台はアフリカのリベリア。

ルワンダを筆頭に民族紛争が絶えない。

アフリカ、内戦、少年兵。

少年たちは強盗、殺人、レイプと躊躇なく何でもする。

たまたま生まれた場所がそこだっただけで

彼らを一概に悪者と言えるのか。

自分の手で親を殺させられそのまま連れて行かれる。

思考を停止してその身を委ねないと生きていけない世界。

悲しいけれど世の中は不公平。

略奪の限りを尽くす一方、ウェディングドレスを着た少年が

自分を鏡で見てうっとりするシーンがある。

彼が先進国で生まれ育っていたのならとか想像してしまう。

少年兵達が気に入った物を自分なりに身につけててそれが

紛争と相反して物凄くファッショナブルに見えるのだけど

エンドロールに撮影ではない実際の写真が流れる。

戦場カメラマンの経験がある撮影監督マルコ・コルナンスの

写真じゃないかなと思って調べたけど見つけられなかった。

その写真の兵士たちが劇中以上に奇抜な格好をしていて

凄くリアルな映画なんだなと思った。

子供は大人の被害者でしかないと感じた。